MENU
    パパ活アプリランキング2024年最新

    パパ活でLINE交換する?連絡頻度や返信内容・教えたくない時の断り方

    パパ活でLINE
    パパにLINEを聞かれたら教えた方がいい?
    LINEから個人情報がバレることはある?
    パパとプライベートLINEの交換をしたくない

    パパ活をしていると、パパにLINEを聞かれることはよくあります。

    LINEは連絡するのに便利だけれど、プライベートでも使っているのでできれば教えたくないという女性も多いはず。
    けれどもパパ活を成功させるためには、LINE交換は避けて通ることはできません!

    そこで今回は、パパ活でLINE交換をするメリット・デメリット、LINEを交換するときの注意点やタイミングなどについてご紹介します。
    ゆれか
    身バレを防ぐ方法や、どうしても教えたく無い場合の断り方などもご紹介しているので、パパ活でのLINEの使い方が気になる方はぜひ参考にしてください。
    ゆれかが選ぶおすすめサイト・アプリ
    paddy(パディ) paddy67.today
    paddy(パディ):
    • 業界最大級のユーザー数
    • 女性は完全無料
    • すぐに希望の人と出会える
    パディを見てみる
    ワクワクメール 550909.com
    ワクワクメール:
    • 安心安全に使える!
    • 会員数1,000万人突破
    • リッチな支援者多め
    ワクワクメールを見てみる
    Jメール mintj.com
    Jメール:
    • まずはご飯から♪
    • 初めての方でも安心
    • 太パパ在籍中!
    Jメールを見てみる
    タップできるもくじ

    教える?教えない?パパ活でLINE交換をする必要性

    パパ活をしている女性は、基本的にパパと一定の距離を保って付き合いたいという人がほとんどです。そのため、プライベートで使っているLINEをパパに教えることに抵抗を感じる人も少なくありません。

    しかし、パパ活で成功したいなら、LINE交換は必要不可欠です。

    いつまでもパパ活アプリでメッセージのやり取りをするのはパパも面倒だと感じます。
    おまけに、LINEを交換してくれないとパパから「サクラじゃないの?」と疑われてしまうことも。

    今は、LINEは日常的な連絡手段になっています。レスポンスが早いこともあり、積極的に使いたいと思っているパパがほとんど。
    パパ活アプリでのメッセージのやり取りからLINEでのやり取りへとステップアップすることで、パパとの仲もグッと近くなります。

    ゆれか
    「身バレが心配」という方も、実際のところ利用方法さえ注意すればプライベート用のLINEでも安心してパパ活に使用することができます。

    パパ活でLINEを交換する5つのメリット

    パパ活でLINEを交換するメリットには、次の5つがあげられます。

    それぞれのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

    パパとの連絡が取りやすい

    パパ活でLINE交換をする最大のメリットは、パパと連絡が取りやすくなることです。

    現在、日本におけるスマホ所有率は9割を超えており、そのほとんどの人がコミュニケーションツールとしてLINEを使っています。

    パパ世代でも普段からLINEを使っている人がほとんど。アプリはログインしなくてはなりませんが、忙しいパパでもLINEなら1日数回チェックすることが多く、パパとの連絡もスムーズに行えます。

    ゆれか
    太パパをゲットしたいのであれば、LINE交換は必ずしておくことをおすすめします。

    スタンプなどで気軽にやり取りができる

    LINEにはスタンプ機能がついていて、文章を打たなくても気軽にやり取りができます。

    文章だけではわかりにくい感情を伝えるのにもスタンプはピッタリ。また、返信したくてもすぐに返信できない場所であったり、時間がなかったりということもあるでしょう。そんな時、「了解です」「ありがとう」などスタンプ1つ送るだけで、相手に気持ちを伝えることができます。

    パパからのLINEの返信が面倒な時でも、スタンプなら簡単に返信ができます。

    ゆれか
    連絡を無視したことにもならないので、パパも気分を悪くすることはないでしょう。

    写真や位置情報などが送れて便利

    LINEにはメッセージだけでなく、写真や動画、位置情報などを送ることができる便利な機能がたくさん搭載されています。

    自分が今いる場所や目的地の位置情報を簡単に送ることができるので、パパとの待ち合わせにも使えます。

    また、トークルームにアルバムを作ることができ、パパとの思い出を共有することができるほか、ノートに行きたいお店のリストを作るなど、パパ活で使える機能も充実。

    ゆれか
    こうした機能が全て無料で使えるというのも、LINEのメリットと言えるでしょう。

    LINE Payでの送金がしやすい

    LINE Payは、本名などの個人情報を相手に教えることなくお金が送金できる機能です。

    普段現金を持ち歩かないパパや、人前での現金の受け渡しが苦手なパパでも、LINE Payなら簡単に送金が可能。周りからはスマホを操作しているようにしか見えないので、パパ活を疑われることもありません。

    リアルタイム送金ができ、内容もその場で確認OK。前払いでお手当をしっかりもらえるから、取りっぱぐれもありません。

    ゆれか
    受け取ったお金は、「登録している口座へ出金」または「セブン銀行ATMでの出金」のいずれかで現金化することができます。

    ブロックが簡単にできる

    LINEは、相手を簡単にブロックできるのもメリットの1つです。

    パパ活で出会う男性は、必ずしも良パパとは限りません。中には、「二度と関わりたくない」と思う男性に出会うことも。

    もし携帯番号を教えてしまっていると、電話番号を変えるなど面倒な手続きが必要になりますが、LINEならブロックするだけ。相手との連絡手段を完全に絶つことができます。

    ゆれか
    連絡手段を絶つのはあくまでも最終手段になりますが、LINEから個人を特定することはできないので、プライバシーの面においても安心です。

    パパ活でLINEを交換する4つのデメリット

    LINEはパパ活にはとても便利ですが、次のようなデメリットもあります。

    それぞれのデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

    既読がつくので無視しづらくなる

    LINEは一度開いてしまうと既読通知が相手に行ってしまいます。

    「後から返信すればいいや」という時でも、うっかり開いてしまったら無視することはできません。既読無視はパパからの印象もかなり悪いので、速やかに返信する必要があります。

    もし既読が付いてしまったら、たとえ面倒でもスタンプぐらいは送るなど何かしらのアクションを取るようにしましょう。

    パパに連絡したくないのであれば、LINEは開かないようにするのが鉄則。

    ゆれか
    内容だけ確認したいときは、トーク画面で長押しをしたり、既読を付けないでメッセージを読めるアプリを入れたりといった対応方法もあります。

    公私の区別をつけにくい

    パパ活女子の中にはスマホ2台持ちの人もいますが、多くの人は1つの端末でパパ活をしているでしょう。

    LINEアカウントは、基本的に1端末に1つしか登録できません。そのため、プライベートの連絡先とパパ活の連絡先が同じLINEに混ざってしまうことに。
    プライベート感覚でLINEを利用していると、パパに知られたくない情報がうっかり伝わってしまったとなりかねないので注意が必要です。

    ゆれか
    ちなみに、以前はFacebookログインでもLINEのアカウントを作れましたが、現在は電話番号認証のみでの登録となるため、1つのアカウントにつき1つの電話番号が必要になります。

    パパ活が周りにバレる場合がある

    LINEはメッセージが届いたことをお知らせする便利な通知機能がありますが、パパ活にはデメリットになります。

    こっそりパパ活をしていたのに、彼氏や友達、家族がいるところでパパからのLINE通知がきて、パパ活をしていることがバレる可能性も。通知をオフにしておけば特に問題ないので、パパとLINE交換をしたら設定を変更しておくことが必須です。

    ゆれか
    また、通知が来なくてもうっかりLINEを見られてしまうこともあるので、スマホを2台持ちして使い分けるのが最も安全な方法です。

    個人情報が流出する可能性がある

    LINEの連絡先をパパに伝えても、そこから個人情報が漏洩することはありません。

    しかしTwitterなど他のSNSとIDが同じ場合、IDから他のSNSを検索され、そこから個人情報が探られてしまう可能性も。個人情報が流出しないためにも、IDやパスワードは他とは違うものを利用するのが鉄則です。

    ゆれか
    また、VOOM(旧タイムライン)にいいねやコメントをすると、そこから自分の普段の行動や友人関係などが相手にバレてしまう可能性もあるので注意が必要です。

    パパ活でLINE交換をするときの5つの注意点

    パパ活でLINE交換をするとき、次の5つの点に注意をすることで、デメリットやリスクを回避することができます。

    それぞれの注意点について詳しくご紹介します。

    VOOM(旧タイムライン)を削除・整理する

    LINE VOOMは、今までのタイムラインに代わって登場した機能。メッセージや画像、動画を無料で投稿できるだけでなく、他の人の投稿に対してリアクションも可能です。

    VOOMに投稿をしている人は、プライベートな投稿をしていると個人情報がバレる可能性も。パパにコメントを残されてしまうとそこから周りの人に疑惑を持たれてしまう恐れもあります。

    あまり利用していないのであれば、投稿は削除しておくのがおすすめ。

    ゆれか
    もしくは、画像投稿する際の公開範囲を「公開リスト」または「自分のみ」にしておきましょう。

    本名の場合は変えておく

    LINEの名前を本名で登録している場合、表示名を変えておきましょう。

    本名のままにしておくと、FacebookなどのSNSで名前から検索され、個人情報が特定されてしまう可能性もあります。パパがストーカー化した時やトラブルに巻き込まれた時、身バレしてしまうと大変危険です。

    偽名でOKですが、プライベートでも使用しているLINEの場合、リアルな知り合いに怪しまれない程度にしておくのがおすすめ。

    ゆれか
    ニックネームや下の名前をローマ字表記にする、イニシャルにするなど本名がバレない程度にしておくのがいいでしょう。

    LINEの通知をオフにする

    LINEのポップアップ通知は、LINEのメッセージにすぐ気付くことができてとても便利ですが、パパ活ではあまりおすすめの機能ではありません。

    「〇日のデート楽しみだね!」などとスマホの画面に表示されると、彼氏や友達、家族に見られてパパ活がバレてしまうことも。周りにバレないためにも、LINEの通知はオフにしておくか、プレビュー表示をオフにしておくようにしましょう。

    最初は不便に感じるかもしれませんが、慣れれば特に問題ありません。

    ゆれか
    メッセージが表示されてごまかす手間を考えると、通知を切っておいた方が断然気が楽です。

    「ふるふる」またはQRコードでLINEの交換をする

    パパとLINE交換をする際は、「ふるふる」またはQRコードで交換をするようにしましょう。

    電話番号やLINE IDから登録することもできますが、とても危険。電話番号はプライバシーの観点から教えない人も多いですが、LINE IDも現状一度決めたら変更できないくらいなので、電話番号と同じように重要です。簡単に教えないのが鉄則。

    万が一知られてしまうと、後から晒し行為などのトラブルに巻き込まれる恐れもあります。

    ゆれか
    なるべく個人が特定されるような情報は与えないようにしましょう。

    QRコードはこまめに更新する

    パパとQRコードでLINE交換をした場合、登録後に必ずQRコードの更新をしておきましょう。

    万が一パパにあなたのQRコードをネット上に晒されてしまうと、見知らぬ人からLINE追加されてしまい、トラブルに巻き込まれる恐れも。最悪アカウントを削除することになりかねません。

    パパとのLINE交換が終わったら、速やかにQRコードの更新をしておくことがおすすめ。

    ゆれか
    更新すればそれまでのQRコードは使えなくなるので、一人に送ったらすぐ更新するように徹底しておくと安心です。

    パパ活でLINE交換をするタイミングはいつがベスト?

    1通目のメッセージからLINE交換はしない

    パパ活アプリや出会い系サイトでは、業者に売り渡すためにLINE IDを収集している人もいます。

    このような人に共通する点として、1通目のメッセージからLINE IDを聞いてくるという特徴があります。そのため、初めからLINE IDを聞いてくるような男性には要注意。絶対に教えない方がいいでしょう。

    そもそも紳士的なパパは初めからLINE IDを聞いてくるようなことはありません。

    ゆれか
    LINE交換は、ある程度打ち解けてから行うようにしましょう。

    顔合わせや初デート後のLINE交換がベスト

    パパとのLINE交換は顔合わせや初デートの後がベストです。

    アプリで出会った場合でも、会うまではアプリのメッセージで連絡を取った方がいいでしょう。確かにLINE交換をした方が相手と打ち解けるのも早く、交渉もスムーズに進むというメリットはありますが、実際会う前に教えてしまうと、会ってから「この人は無理」と思っても後から断ったりブロックをしたりするのも面倒です。

    LINE交換は相手と実際に会ってお互いに少し打ち解けたころがベスト。相手を信用できそうと思ってから、LINE交換をするようにしましょう。

    ゆれか
    もしパパから聞いてこない時は、「またお会いしたいので、よろしければLINEを交換してもらえませんか?」など自分から聞いてもOKです。

    どうしても嫌な時はどうすれば良い?LINE交換の上手な断り方

    パパと親しくなってLINE交換をする時はいいですが、中には「このパパにはLINEを教えたくない」という時もあるでしょう。そんな時は、次のように断るのがおすすめです。

    もう少し親しくなってからと伝える

    実際に顔合わせをする前に、パパからLINE交換をしたいと言われた時は、正直に「お会いしてもう少し親しくなってから交換したいです」と伝えるといいでしょう。

    大抵のパパはそれで納得してくれるはずですが、それでもしつこくLINE交換したいと自分の意見を通そうとしてくる男性は、これから先長く続く可能性も少ないので、顔合わせ自体を断ってもいいでしょう。

    ゆれか
    アプリでのメッセージは、男性側にポイントがかかることが多いのでLINEでメッセージのやり取りをしたいという気持ちもわかりますが、ケチらずこちらの意見を聞いてくれるようなパパとのほうが長続きするでしょう。

    LINEをやっていないと伝える

    パパにLINE交換をしようと言われた時、どうしても嫌なら「LINEはやっていないので、アプリのメッセージでやり取りしたいです」と伝えるのも1つの方法です。

    疑われる可能性も高いですが、LINEをやっていないと言われてしまうとパパもそれ以上何も言えません。実際に「煩わしい」などといった理由でLINEをしていない人もいるので、特別不自然さも感じないでしょう。

    ゆれか
    実際に会ってこのパパなら信頼できると思ったら、「LINE作りました」と伝えれば大丈夫です。

    過去にトラブルがあったと伝える

    パパにしつこくLINE交換を迫られた時、「過去にトラブルがあって、LINEを晒されたことがあるんです」など、LINE交換にトラウマがあることを伝えるのも断り方としておすすめです。

    トラウマがあると言われてしまうと、それでもしつこく聞こうとする男性はほとんどいないでしょう。

    パパと会ってみて教えてもよさそうと思った時は、「〇〇さんなら教えても大丈夫だと思って」とLINE交換をすればOK。

    ゆれか
    自分には心を開いてくれたと、パパも嬉しく感じるはずです。

    【状況別】パパに送るLINEのやりとり例文・返信内容

    パパとのLINEでは、どんな感じに話したらいいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。そこで、状況別にLINEのやり取りの例をご紹介します。

    顔合わせ後のお礼のLINE

    〇〇さん、今日はお時間を作っていただきありがとうございました。お会いするまでドキドキしましたが、〇〇さんのような素敵な方に出会えてとても嬉しいです^^
    〇〇さんが仰ってくれた「悩むくらいならやってみなさい」という言葉、とても励みになりました。すごく前向きになりました!また悩みとか聞いてもらえたら嬉しいです。本当にありがとうございました。

    顔合わせが終わった後、今日のお礼と感想を必ず伝えるようにしましょう。

    実際に話した内容やエピソードなどを入れると、本当に嬉しかったと伝えることができます。

    ゆれか
    さりげなく「また会いたい」と入れることで、次へのデートの誘いにもつながりやすくなります。

    自分からデートに誘うLINE

    こんにちは!〇〇さん、最近はお仕事忙しいですか?
    この前お会いした時、××って映画が好きって言っていましたよね!来週から公開されるみたいなので、もしよろしければ一緒に行きませんか?

    デートのお誘いは基本的に男性側から連絡があるのが一般的ですが、パパがなかなかデートに誘ってくれない時は自分から誘ってもOKです。

    あなたからのメッセージを見て、パパが「ぜひ行きたい!」と思うような文章を書くことがポイント。

    そのためにも、相手が興味のある内容でアプローチするのがおすすめです。

    ゆれか
    相手の予定にもよりますが、あなたのことを気に入ってくれているなら、デートの約束を取り付けることができるはずです。

    パパとの日常のLINE

    こんにちは!お仕事お疲れさまです。
    〇〇さんがおすすめしてくれた本、早速買ってみました!これから読んでみるので、また感想聞いてくださいね。他にもおすすめの本はありますか?

    デートの約束やお礼以外の日常的なLINEが、実は一番内容的に難しいです。

    LINEは必要以上に送らなくてもOKですが、相手を気遣うメッセージを送ることがポイント。

    内容は日頃あった些細な出来事などでもいいですが、デートでのやり取りをネタにするとパパも喜んでくれるでしょう。

    ゆれか
    また、LINEの最後を「?」で締めると、パパも返信をしやすくなります。

    デートのお礼のLINE

    〇〇さん、今日はごちそうさまでした。あんなに美味しいお肉を食べたのは初めてです!
    お仕事の話もたくさん聞けてとても勉強になりました。
    〇〇さんと一緒にいると、色々なことが勉強できていつも楽しいです。次に会ったら、また続きのお話を聞かせてくださいね!
    今日は素敵な時間をありがとうございました。

    デートをした帰りには、必ずお礼のLINEを送りましょう。

    ただ単に感謝の気持ちを伝えるのではなく、「特に楽しかったこと」や「特に美味しかったもの」など、その日にあったデートのエピソードを具体的に書くのがポイント。

    最後は「また会いたい」で締めるのがおすすめです。

    ゆれか
    パパも「デートを喜んでくれたんだ」と思うと嬉しくなり、次のデートにもつながりやすくなります。

    パパとのLINEの頻度はどれくらいがベスト?

    パパとのLINEの頻度は、基本的に相手に合わせるのがベストです。

    いくらパパ活で稼ぎたいからといって、キャバ嬢のように営業メールをする必要はありません。LINEが苦手なパパなら少なめ、マメにLINEをするパパなら多めと相手のペースに合わせてLINEを送るようにしましょう。

    ゆれか
    また、パパが独身か既婚かによってもLINEの頻度は変わってきます。

    独身パパの場合

    独身のパパの場合、LINEは基本的に相手のペースに合わせておけばOKです。

    目安としては週3~4回くらいが理想ですが、パパによっては毎日のように連絡してくる人もいます。

    ゆれか
    手放したくないのであれば、できるだけ相手のペースに合わせた方がベター。
    ただし、あまりにも頻繁に連絡が来るようになると、ガチ恋されて面倒になる可能性もあるので、トラブルにならないようにあえてペースを落とすことも大切です。

    既婚パパの場合

    既婚パパの場合も基本的には相手のペースに合わせればOKですが、LINEのタイミングには特に注意が必要です。

    LINEで連絡を入れるタイミングは、家族と離れている時間帯を狙うのがベスト。
    8時~19時位のパパが会社に出勤中の時間帯が特におすすめです。逆に、休日や深夜など家族と過ごしている時間に連絡を入れることは避けた方が無難です。

    既婚者パパとの連絡は、週に2~3回くらいがベスト。これ以上増えるとパパの奥さんにバレる可能性もあります。

    ゆれか
    トラブル回避のためにも、事前にパパと連絡していい時間帯について確認しておくとよいでしょう。

    LINEをブロックすべきパパ3選

    LINEには便利なブロック機能がついていますが、「パパとの関係を終わらせたい」と即ブロックするのはあまりおすすめできません。トラブルを回避するためにも、徐々にフェードアウトするのが一番の理想です。

    しかし、次のようなパパは基本的にブロックで対処してしまってOKです。

    メンヘラパパ

    パパがしつこいメンヘラ男性の場合、即ブロック対応をして大丈夫です。

    40代50代の年配の男性でも、粘着してくる人はいます。LINEの返信を催促してきたり、しつこく通話をしてきたり、アプリの退会を要求してきたり・・・。パパは彼氏ではないので、こうした面倒な態度に我慢をする必要もありません。

    このようなパパは、個人情報さえ渡していなければ案外諦めもはやいもの。相手はあなたでなくてもOKなので、次のターゲットを見つけるとそちらに執着するようになるでしょう。

    ゆれか
    ストーカー化して事件に巻き込まれる前にブロックして切りましょう。

    体目的のパパ

    大人の関係NGとしているのに、肉体関係をしつこく要求してくるようなパパは即ブロックしてしまった方がいいでしょう。

    パパ活をしている男性の中には、パパ活と援交を勘違いしている人もいます。特に最初から大人の関係を迫ってくるようなヤリモクの男性は、最初の段階で大人の条件などを聞いてくることがほとんどです。

    そもそもヤリモク男性と相場以上のお手当をくれる長期的な関係になることはありません。

    ゆれか
    時間を無駄に使わないためにも、即ブロックして関係を切るようにしましょう。

    条件を守らないパパ

    お互いにお付き合いの条件を話し合い、納得してパパ活をスタートしたのに、決めた条件を守らないようなパパとは関係を切った方がいいでしょう。

    例えば、食事デートで3万円と決めていたのに、「今日は手持ちがないから次回払うね」と支払いを渋ったり、「今回は2万円でいい?」と値切ったりなど条件を守らないパパはストレスもたまり付き合いたくないと思うもの。

    そのようなパパが太パパになる可能性はゼロ

    ゆれか
    一緒にいても時間の無駄なので、ブロックして切ってしまった方がいいでしょう。

    こんな時はどうすればいい?パパ活LINEのよくある質問(Q&A)

    パパ活って毎日lineするんですか?

    パパ活でのLINE頻度は、基本的にパパのペースに合わせるのがベスト。パパがあまりLINEを好きでないという場合は少なめに、逆に頻繁にLINEを送ってくる場合は多めにと臨機応変に対応していけばOKです。

    ただし、毎日のようにLINEが来たからといって、毎日必ず返信しなければならないということもありません。1日何回もメッセージを送ってくる場合、男性のペースのままにしておくとガチ恋されてしまう可能性もあるので、ペースを落とすことも大切です。

    パパ活には女性のLINEグループがあるって聞いたんですが

    パパ活では、女性同士でパパ活情報を交換できる無料LINEグループがあります。グループは既に4年以上運営されており、日本全国2,000名以上のパパ活女子が参加しています。

    このLINEグループに参加すると、月100万円以上を稼ぐパパ活女子からアドバイスをしてもらえるほか、詐欺パパ情報の共有や富裕層の男性のみが参加するシークレットパーティーへの招待など、パパ活女子にはメリットがたくさんあります。

    パパ活でlineだけでお手当もらえますか?

    「オンラインパパ活」「リモートパパ活」など、メッセージだけでなく電話やビデオ通話などによる「会わないパパ活」が今人気になっています。

    時間や場所を選ばないので、いつでも自分の好きな時にできるのがメリット。お手当てもLINE Payで送金できるので、会う必要もありません。実際にLINEだけのパパ活でお手当を稼いでいる人もいます。

    ただし、直接会うデートに比べるとどうしてもお手当相場は安くなるので注意してください。
    パパ活でline以外のおすすめツールってありますか?

    LINEはプライベートで使用することも多いので、できればパパ活と分けたいという人も少なくありません。そのような場合、LINEの代わりになるようなアプリに次のようなものがあります。

    • カカオトーク
    • Vibe
    • Between

    中でもおすすめはカカオトーク。スタンプも送ることができ、使用感はLINEととても似ているので違和感なく使用することができます。

    パパを1人に絞っている人は、カップルアプリのBetweenも特別感があっておすすめです。

    LINEを上手に使ってパパ活を成功させよう!

    パパ活を成功させたいなら、パパとのLINE交換は必須です。

    LINEはほとんどのパパが使っているので、忙しいパパとも連絡が取りやすく、スムーズにパパ活をすすめることができるでしょう。位置情報や送金など機能も充実しているので、パパ活をする際には必要不可欠です。

    ただしプライベートでも利用しているため、使い方を間違えるとパパに個人情報がバレたり、周りにパパ活がバレたりする恐れがあるため要注意。しっかり対策をして、デメリットやリスクを回避しましょう。

    「プライベートのLINEをパパ活に使うことに抵抗がある」という人は、LINE以外のチャットアプリを使ってもOK。また、格安スマホなど携帯の2台持ちをすれば、ストレスを感じることもありません。

    ゆれか
    LINEを上手に利用し、パパ活を成功させてくださいね。
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    タップできるもくじ