MENU
    パパ活アプリランキング2024年最新

    高校生でもママ活はできる?未成年のリスクや注意点を徹底解説

    高校生でもママ活はできる?未成年のリスクや注意点を徹底解説
    高校生ってママ活できる?
    未成年はママ活で稼げないの?
    高校に行ってなければママ活しても良い?
    未成年だとママ活アプリは使えない?

    ママ活は、若い男性が手軽に高収入を得られる方法として人気があります。
    しかし、未成年や高校生などでは、上記のように「ママ活しても良いのか」がいまいち分かりづらかったりもしますよね。

    そこで今回は、

    • 高校生のママ活について
    • ママ活であった怖い体験談
    • 高校生や未成年のママ活のリスク
    • 高校生や未成年がママ活する方法と注意点
    • 女性が高校生や未成年とママ活する時の注意点

    などを解説していきます。

    湊(ミナト)
    ルールを知らずにママ活をすると、トラブルに巻き込まれたり相手に迷惑をかけてしまう可能性が非常に高いです。後悔しないためにも、未成年や高校生のママ活についてしっかりチェックしておきましょう。
    現役ママ活男子が選ぶおすすめサイト・アプリ
    ワクワクメール 550909.com
    ワクワクメール:
    • 業界最大級のユーザー数
    • 簡単無料登録
    • 掲示板で探しやすい
    まずは無料で見てみる
    Jメール mintj.com
    Jメール:
    • 大人の関係希望なら♪
    • 幅広い女性年齢層
    • 条件検索ですぐ見つかる
    最大1,000円分無料で使える!
    ハッピーメール happymail.co.jp
    ハッピーメール:
    • サクラ絶対いない宣言
    • 気軽な出会いにおすすめ
    • 簡単無料登録
    今なら1,200円分プレゼント
    タップできるもくじ

    高校生でもママ活はできる?違法にならない?

    まずは高校生がママ活できるかから見ていきましょう。

    ずばり結論としては、基本的に高校生はママ活する事はできません。

    理由は簡単で、多くの学校で校則で禁止しているからです。

    法律的には高校生だからといって犯罪になるわけではありませんが、校則で禁止されているため、もしバレると停学や退学処分になってしまう可能性が高いです。

    また、ママ活などの出会いを探せる出会い系サイトや大手ママ活アプリなどは、18歳未満や高校生の利用を禁止しています。

    湊(ミナト)
    そのため、そもそもママ活の出会いを探す事が困難だったりもします。

    高校に通っていなければOKだがリスクも多い

    高校生は校則でママ活が制限されているので、学校に通っていなければ18歳未満でもママ活ができないわけではありません。

    ただし、未成年のママ活には下記のような様々なリスクがあります。

    • 18歳未満は体の関係禁止
    • 相手に迷惑がかかりやすい
    • 補導の対象
    湊(ミナト)
    学校に通ってなければママ活し放題という意味ではないので注意しましょう。
    18歳未満は体の関係禁止

    高校生でなければ、デートをして対価を貰っても犯罪ではありません。
    しかし、相手と体の関係になってしまうと、児童売春や青少年保護育成条例などの法律違反になります。

    あなたが18歳未満で体の関係を持って対価を貰えば、合意の有無などは関係なく違法なので、絶対にしないようにしましょう。

    相手に迷惑がかかりやすい

    高校に通っておらず体の関係を持たなければママ活できるかというと、そうでもありません。
    なぜなら、未成年は保護者の監視下にあるからです。

    家に帰らず連絡も取れなくて捜索願いが出されれば、たとえ体の関係がなくても相手は誘拐罪として逮捕される可能性があります。
    もし事件にならなくても、未成年とのママ活が知られれば、自分や相手の生活に悪影響が出てしまう場合が多いです。

    補導の対象

    ママ活の出会いを探していて、知り合った相手が警察官だったというパターンもあります。
    これは警察(サイバーポリス)が事件を未然に防ぐ目的で行っており、SNSや出会いアプリなどをパトロールしています。

    もし見つかると、未成年という事で補導される可能性が高く、親に秘密で行っている場合などは連絡が行くので注意しなければいけません。

    高校生や未成年のママ活体験談

    未成年でもママ活をする事は可能ですが、ママ活をしていてトラブルや犯罪に巻き込まれてしまうケースも少なくありません。

    そこで次は、未成年や高校生のママ活で被害にあったり怖い思いをした体験談をご紹介します。

    後で相手の夫から慰謝料を請求された

    出会い系サイトで知り合った12歳年上の女性とママ活をして、3回ほど体の関係になりました。
    元々年上の女性が好きで見た目もタイプだったので、「綺麗な女性とエッチしてお金が貰えるなんてラッキー」と思っていました。

    しかし、3回目のデートの後に女性から連絡がきて、結婚している事実を知らされました。
    その後、その人の旦那が「人の嫁を寝取ったんだから慰謝料を払え」と言われてしまったんです。

    3回のデートで5万円ほど貰ったのですが、後日慰謝料として10万円とママ活で受け取った分の5万円を合わせた15万円を返す事になりました。
    もっとしっかり相手を選べば良かったと思い後悔してます。

    (19歳/男性/フリーター)

    湊(ミナト)
    ママ慣れしていないと、軽い気持ちで体の関係になってしまいがちです。特に既婚者が相手の場合は不貞行為として裁判沙汰などにもなりやすいので、十分な注意が必要です。

    学校にバレて停学処分になってしまった

    知り合いから「簡単に稼げるから」と勧められて、ママ活をするようになりました。
    1回あって一緒にご飯を食べたり買い物するだけで1万円近いお金を貰えて、丁度バイトもしてなかったんで、バイト感覚で何度もママ活をしました。

    ママ活を始めて2ヶ月くらいして、なぜか分からないのですが学校にバレて呼び出されました。
    多分誰かに見つかったんだと思うんですが、担任や学年主任などから叱られ停学処分になりました。

    結局単位が足りず卒業できなくなり、留年も嫌だったんで一度退学し、現在は別の定時制の高校に通っています。

    (18歳/男性/高校生)

    湊(ミナト)
    厳しい学校ではすぐに退学させられてしまう可能性もあり、後の人生にも大きな影響を及ぼしかねません。高校生でママ活は絶対にしないようにしましょう。

    食い逃げされた

    ツイッターでDMをくれた女性と仲良くなって、一緒にご飯に行く事になりました。
    「奢るからから好きなお店でいい」と言われたんで、ちょっと気になってた少し高めの焼肉屋に行く事にしました。

    高いだけあってすごく美味しくて夢中で食べてた時に、「相手がトイレに行ってくる」と行って席を立ちました。
    10分程経っても戻ってこないんで不審に思って、店内を見回したりトイレをノックしても女性はいなかったんです。

    結局2万円近い食事代を自分で払って店を出たんですが、完全に騙されました。

    (18歳/男性/フリーター)

    湊(ミナト)
    食い逃げ以外にもママ活男子を狙った詐欺被害には色々なものがあります。安全に稼ぐためには、信頼できる相手かどうかを見極める力も大切です。

    高校生や未成年がママ活するリスク

    続いて、前項の体験談を踏まえて、下記の高校生や未成年がママ活をする時のリスクを解説していきます。

    様々なリスクがある!
    • 事件に巻き込まれる
    • 生活への悪影響
    • 逮捕や補導
    湊(ミナト)
    高校生や未成年のママ活は様々なリスクが伴います。取り返しのつかない事態に巻き込まれてしまう可能性もあるので、必ず目を通しておきましょう。

    事件に巻き込まれる

    高校生や未成年のママ活は、悪質な事件に巻き込まれる可能性が高いです!

    高校生や未成年相手のママ活は女性側のリスクも非常に高いため、好んで高校生や未成年を選ぶ女性は少ないです。
    そのため、声をかけてくるのは詐欺や犯罪行為などを目的とした女性が多く、下記のような事件に巻き込まれてしまう可能性もあります。

    • ママ活詐欺(宗教や詐欺ビジネスへの勧誘、現金騙し取りなど)
    • 美人局や恐喝
    • 強制わいせつ
    湊(ミナト)
    特に「学校にバラす」「未成年だと犯罪」などを理由に恐喝してくるケースが多いです。自分では対処できない場合も多いので、十分な注意が必要です。

    金銭感覚が狂う

    短時間で高収入を得られるので、金銭感覚が狂いやすいです!

    10代の男性が頑張って働いても、1日で得られる給与は限られています。
    しかし、ママ活なら、数時間で1日分以上のお金を手に入れる事ができる場合も多いです。

    稼ぐ事だけを考えるととても良い事なのですが、そのせいで金銭感覚が狂いやすいという注意点もあります。
    若い時に金銭感覚が狂ってしまうと、その後就職しても長続きできなくなったり、浪費癖がついて生活が破綻しやすくなったりもします。

    湊(ミナト)
    金銭感覚の狂いは、実際に生活に影響が出ないと自分では気付けない事が多いです。特に、若い時に狂ってしまうと元に戻すのが難しいので、お金の稼ぎ方にも注意が必要です。

    逮捕や補導

    高校生や未成年は法律での制限が多く、違反しやすいです!

    高校生や未成年は、学校の校則や各自治体が定める青少年保護育成条例(淫行条例)や国が定める児童売春など、守るべきルールがたくさんあります。
    それらを破ってしまうと、補導されたり捕まってしまう事にもなりかねません。

    成人すれば何をしても良くなるわけではありませんが、高校生や未成年の場合は成人男性と比べて守るべきルールが多いので、何が良くて何が駄目なのかをしっかり把握しておく事も大切です。

    湊(ミナト)
    「未成年でも年齢を誤魔化せば良い」とも思いがちですが、嘘がバレた時に大事になるだけで良い事はありません。相手にも迷惑がかかるので、絶対に嘘はつかないようにしましょう。

    18歳未満でもできるママ活とは?

    これまで高校生や未成年のママ活体験談やリスクなどを紹介してきましたが、結局何が良くて何が駄目なのか分からなかったりもしますよね。

    そこで次は、18歳未満のママ活でできる事とできない事をまとめてご紹介します。

    湊(ミナト)
    下記のOKな内容でも、学校の校則や自治体が禁止している場合などはママ活はできません。

    【OK】18歳未満でもできるママ活

    未成年でもOKなママ活の内容

    • 一緒に食事したりデートをする
    • プレゼントを買ってもらう
    • 月極契約をして定期的に会う

    それぞれ見ていきましょう。

    一緒に食事したりデートをする

    食事でも買い物でも、デートをするだけであれば18歳未満でもママ活する事ができます。
    ただし、ママ活の手当が年間110万円以上になると確定申告が必要になるので、いくら貰ったかはチェックしておくようにしましょう。

    プレゼントを買ってもらう

    年上の知人からプレゼントを買ってもらうだけなので、デートと同様に18歳未満でも問題ありません。
    ただ、プレゼントも手当と同じく贈与税の対象となるので、貰ったものはしっかり把握しておく必要があります。

    月極契約をして定期的に会う

    これも上記と同様で年齢的な制限は特になく、定期的に特定の異性とママ活をしても問題ありません。
    良い相手が見つかれば、安全に安定して稼ぐ事も可能です。

    湊(ミナト)
    これらはママ活の内容としてはOKですが、ママ活中に警察に見られ不審に思われると、職務質問されたり補導される場合もあります。

    【NG】18歳未満はできないママ活

    未成年はNGなママ活の内容

    • ママと体の関係になる
    • 性的指向品を売る
    • 深夜帯のママ活

    それぞれ見ていきましょう。

    ママと体の関係になる

    18歳未満が最も気をつけなければいけないのが、体の関係です。
    18歳未満のママ活では、性的な目的で体に触れたり触れさせる事は児童買春法違反になります。

    どこからNGかは明確に定められていませんが、ママ活中に体に触れたり触れられたりすれば「性的な行為」と見なされる可能性が高いので注意しましょう。

    性的指向品を売る

    履いていた下着などの売買も、青少年保護育成条例で禁止されています。
    また、同じように裸の写真を送る事なども児童ポルノ禁止法違反となるので、注意しましょう。

    深夜帯のママ活

    未成年の深夜の外出は青少年保護育成条例で制限されているため、夜中はママ活する事ができません。
    東京都だと23時から翌朝4時の間となっていますが、自治体ごとに多少ずれる場合があるので注意が必要です。

    湊(ミナト)
    これらは未成年を危険から守るためのルールなので、破らないように注意しましょう。

    未成年がママ活の出会いを探す方法

    これまで解説してきたように、高校生や未成年のママ活は、様々なリスクや法律があるので簡単に稼ぐ事はできません。
    そもそも18歳未満は、出会い系サイトやマッチングアプリなどのオンラインの出会いサービスを使う事もできなくなっています。

    出会い系サイト規制法」によって18歳未満の利用は禁止されており、登録時には身分証に提示が義務付けられています。

    それでもママ活したい場合は、以下のような方法があります。

    • 知り合いを当たる
    • 知人に紹介してもらう
    • SNSで探す

    それぞれ詳しく解説していきます。

    湊(ミナト)
    未成年のママ活はリスクが高く、完全に安全な方法はありません。リスクを踏まえどうしてもママ活したい時だけ参考にするようにしましょう。

    知り合いを当たる

    おすすめ度 危険度 出会える可能性

    知り合いでママ活をしたい女性がいたら、その相手とママ活をするのが最も安全でおすすめです。
    なぜなら、別の目的で繋がっていた相手なので安全にママ活しやすいからです。

    知り合いにママ候補がいなければできませんが、新しく出会いを探す必要もないので安全にママ活する最良の方法です。

    湊(ミナト)
    最初からたくさんの女性と関係を持とうとせず、まずは身近な人にママ候補がいないかを探してみましょう。

    知人に紹介してもらう

    おすすめ度 危険度 出会える可能性

    自分の知り合いにママ候補が見つからない場合は、ママ候補を紹介してくれる知人を探してみるのがおすすめです。
    この方法は新たに出会いを探す必要はありますが、共通の知り合いが少なくても1人はいる事になるので、不特定多数から探すよりも安全に良ママを見つける事ができます。

    湊(ミナト)
    知人の人脈によっては、低リスクでハイリターンな太ママと出会える可能性もあります。

    SNSで探す

    おすすめ度 危険度 出会える可能性

    周囲にママ候補がどうしても見つからない時は、SNSなら出会える可能性があります。
    SNSは共通の興味を持った不特定多数と気軽に繋がる事ができるので、ママ活などの特殊な出会いにも向いています。

    湊(ミナト)
    ただし、募集を禁止しているSNSがあったり、サイバーポリスに見つかると補導の対象にもなるので注意は必要です。

    高校生や未成年が安全にママ活するための注意点

    高校生や未成年のママ活は、様々なリスクが伴うのでおすすめはできません。

    しかし、「それでもママ活がしたい」「事情があって早急にお金が必要」という方もいると思います。
    そのような時は、最低限下記の注意点は守るようにしましょう。

    これだけは守ろう!
    • 慎重に相手を見極める
    • 個人情報は最低限だけ伝える
    • 2人きりの場所に行かない
    • 何かあった時の事を考えて行動する

    慎重に相手を見極める

    ママ活で最も注意しなければいけないのが相手選びです。
    これは年齢問わず言える事で、安全に楽しくママ活できるか危険性が高くトラブルになりやすいかは相手によって大きく変わります。

    良い人そうに見えても実は詐欺など悪質行為を企んでいる可能性もあるので、慎重に相手を選ぶようにしましょう。

    湊(ミナト)
    会ってすぐにママ活をするのではなく、親しくなって信用できる人だと思えてからママ活を始めるなどの工夫も大切です。

    個人情報は最低限だけ伝える

    ママ活で出会いを探していれば、相手に名前や職業などあなたの事を聞かれます。
    その際、必要以上の事は極力話さない事も大切です。

    なぜなら、個人情報をたくさん与えてしまうと、万が一揉めた時に大事になりやすかったり、ストーカー被害に遭いやすくなってしまうからです。
    悪質な場合は、「ママ活している事を家族や学校にバラす」と脅迫してくる可能性もあるので、相手には必要最低限の情報だけ教えるようにしましょう。

    湊(ミナト)
    偽名を使うのも一つの方法ですが、年齢を成人だと偽ると、お酒の席や体の関係などを求められた時に厄介になります。ですので、年齢は嘘を付かずしっかり相手に伝える事も大切です。

    2人きりの場所に行かない

    ママ活では女性がしたい色々なデートを一緒にする事になります。
    その時、極力2人きりの場所に行かない事も安全にママ活する上で非常に重要です。

    2人きりになってしまうと、もし何かあった場合に助けを求める事ができません。
    「相手は女性だから大丈夫」などと思っていても、美人局のような後で仲間の男性が出てきて恐喝してくるケースもあります。

    湊(ミナト)
    デートは人目のある場所だけにして、遅い時間帯なども避ける方が無難です。また、ドライブデートも密室で自由がきかないので注意しましょう。

    何かあった時の事を考えて行動する

    未成年のママ活はリスクが多く、何が起こるか分かりませんし、何かが起こった時に自分では対処できない場合も多いです。
    そのため、常に「今何か起こったらどうするか」を考えておく事も大切です。

    「会計前に急に女性がいなくなったら」
    「パートナーが現れて恐喝してきたら」
    「好意を持たれてストーカー化されたら」

    色々な可能性を考える事で対応能力が身につきますし、自然と人を見る目を養えるようにもなります。

    湊(ミナト)
    信頼できる友人や家族の誰かに「どこに行って何時に帰るか」を伝えておく事も大切です。

    女性が高校生や未成年とママ活する時の注意点

    最後に、若い男性とママ活をしたい女性に向けて、高校生や未成年とママ活する時に知っておきたい注意点を解説します。

    せっかくママ活するなら若い男性を選びたいところですが、相手が未成年や高校生だと下記のようなリスクや注意点があります。

    18歳〜19歳の男性相手のママ活

    法律的には自由が利く年齢ですが、未成年である事は忘れないようにしましょう!

    相手が成人していない18歳から19歳の男性相手のママ活では、未成年だという事を念頭に置いてママ活をする必要があります。
    深夜帯では補導の対象になりますし、お酒の出るお店などに一緒に行く事もできません。

    また、相手の保護者から誘拐罪として訴えられる可能性もゼロではないので注意が必要です。

    湊(ミナト)
    18歳〜19歳はママ活をしてはいけない年齢ではありませんが、色々なリスクが伴います。それらのリスクを踏まえて、自己責任で関係を持つようにしましょう。

    18歳未満の男性相手のママ活

    18歳未満相手のママ活は、非常にリスクが高くおすすめできません!

    相手が18歳未満の場合、児童買春法や青少年保護育成条例など様々な法律が適用されます。
    体の関係になる事もできませんし、自由にデートする事もできません。

    ママ活している事が知られればあなたの責任問題となり、相手の保護者から訴えられたり警察に逮捕される可能性もあります。

    相手が年齢を偽る可能性もありますが、「知らなかった」では済まされない場合も多いです。
    疑わしい時は事前に身分証で年齢を確認しておく事も大切です。

    湊(ミナト)
    ママ活は成人している男性を選んだ方が、安全に安心して楽しむ事ができるのでおすすめです!

    ママ活は成人してから行う方が安全!

    以上、高校生や未成年のママ活のリスクや注意点などを解説してきました。

    高校生のママ活は、学校の校則で禁止されている場合が大半です。
    ママ活をしている事がバレれば、学校を停学や退学処分になってしまう事もあるので注意しましょう。

    また、高校に通っていなくても18歳未満の場合は、各自治体が定める青少年保護育成条例で禁止されていたり、児童買春法などで体の関係を制限されていたりもします。

    18歳以上になれば法的な制限は緩くなりますが、危険がなくなるわけではありません。
    相手のママに迷惑がかかってしまう可能性もあるので、極力ママ活は成人してから自己責任で行うようにしましょう。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    タップできるもくじ