MENU
    パパ活アプリランキング2024年最新

    港区女子の末路とは?パパ活や勘違い行動・悲しい現実を徹底調査

    港区女子の末路

    東京の港区で派手にお金を使っている「港区女子」

    その華やかな生活に憧れる女性も多いですが、キラキラしたイメージからは想像できない現実や末路が待っていることをご存じでしょうか?

    ゆれか
    今回は、そんな港区女子の特徴や実態について詳しく解説します。
    港区女子に対する男性の本音もあわせてご紹介しているので、チェックしてくださいね。
    タップできるもくじ

    そもそも港区女子とは?

    港区女子とは、ハイスペックでお金持ちの人が多く集まる東京の港区を中心に遊んでいる女性のことです。

    六本木や西麻布、麻布十番などといった街で、女性としての武器を活かしながらお金持ちの男性とパーティーをしたり、高級レストランやバーへ行ったりなど、華やかで夢のような遊びを楽しんでいます。

    港区女子は、実際にセレブな女性もいるものの、パパ活をしてお金を稼いでいる女性も少なくありません。

    ゆれか
    活動の拠点は港区ですが、必ずしも港区に住んでいるとは限りません。

    【カテゴリー別】港区女子に見られる特徴

    一言で港区女子といっても、どのような女の子なのかが気になりますよね。
    ゆれか
    そこで、港区女子の特徴についてご紹介します。

    港区女子の特徴【生活】

    港区女子は、ゴージャスできらびやかな生活が大好きです。

    高級レストランやバー、ブランド品のショッピングなど、豪遊をしてその様子をインスタやTwitterなどのSNSに投稿するのが日常です。「周りからうらやましがられたい」いう願望を常に持っていることもあり、たとえ裏でパパ活などをしていても、それを表に出すことはないでしょう。

    ゆれか
    あくまでセレブ同然のキラキラした生活を送っている自分をアピールしたいのです。

    港区女子の特徴【外見・見た目】

    港区女子はルックスがよく、とにかく綺麗です。

    セレブな男性に群がって、女の武器を最大限に活かして遊んでいることもあり、容姿端麗であることは絶対条件。自分の外見に積極的に投資をしているため、容姿にも自信を持っており、それをしっかり利用しているのです。

    また、美意識も高くオシャレにも人一倍気を遣っている港区女子。

    ゆれか
    ファッションは、清楚な女子アナ系・上品なお嬢様系が多く、バッグやアクセサリーはハイブランドがほとんどです。

    港区女子の特徴【職業】

    港区女子の職業には、次のようなものがあげられます。

    • ハイスペック男子に人気系:アイドルや女優の卵、モデル、CAなど
    • キャリアウーマン系:経営者、起業家、一流企業の正社員など
    • その他:看護師や一般OL、キャバ嬢、大学生など

    若さや美貌が武器となる職業以外にも、華やかな世界に憧れて参戦をしてきた女性も多数。

    ゆれか
    キャリアウーマン系の女性もいますが、自分の稼ぎだけで港区で遊び続けることができるので、比較的少ないのが現状です。

    港区女子の特徴【性格】

    港区女子は、向上心が強く見栄っ張り。周囲よりも自分が上であることをアピールしたがり、自分より格下だと認定した人のことは、見下したような態度を取ります。

    一方、ハイスペックな男子と繋がりを持つため、寝る間を惜しんで美を追求し、様々な知識を習得しようとする努力家な一面も。港区女子同士のマウンティングで蹴落とされないためにも、日々の努力を惜しみません。

    ゆれか
    また、美人だけでは生き残れない世界でもあるので、頭の回転が早く、容量の良い女性が多いです。

    港区女子の特徴【友人関係】

    港区女子は、基本的に自分の友達もステータスと思っています。そのため、友人も美人であることが絶対条件。

    また、お互いの人脈でコネを紹介しあったり、飲みやパパ活などオイシイ案件があったら誘いあったりと、利害関係で結ばれていることがほとんど。
    メリットのない人と友人関係を築こうとしません。

    ゆれか
    さらに、自分と同じように向上心がないと長く付き合えないので、港区女子の友達は、同じく港区女子であることが多いです。

    港区女子の特徴【恋愛傾向】

    港区女子の理想は、高収入で肩書のあるハイスペックな男性です。

    外見や年齢にはあまりこだわりは持っておらず、どれだけ自分にお金を使ってくれるのか、自分に有意義なコネクションを持っているかが恋愛対象になる基準。ガードが固い風に見せながらも、条件の良い男性がいたらすぐに行動に移すようなしたたかさを持っています。

    その一方で、結婚願望は強く、自分の価値が高い20代のうちに結婚するのが理想。

    ゆれか
    リアリストでもあるため、引き際をわきまえている人も多いです。

    どこで出会える?港区女子のパパ活事情

    高級ブランドのバッグやアクセサリーを買ったり、美容にお金を使ったりと、港区女子はお金がいくらあっても足りません。
    自分自身に投資をするためにも、港区女子の中にはパパ活をしてお金を稼いでいる人も少なくありません。

    港区女子は、一体どこでお金持ちのパパを探しているのでしょうか?

    高級ラウンジやバー

    港区女子は、セレブでSNS映えする写真を撮るのが大好き。そのため、高級ラウンジやバーに出入りすることも多いです。

    高級ラウンジやバーは港区女子の大好きなハイスペックな男性が集まる場所でもあるので、そこでパパ活相手を探すことも。また、会員制サロンともなると富裕層しか入店しないため、より港区女子との遭遇率も高くなります。

    豪華なホームパーティー

    港区女子は、高層タワーマンションで開かれる豪華なホームパーティーにもよく姿を現します。

    高級ラウンジやバーよりもよりハイスペックの男性に会える可能性が高いこともあり、SNSなどの情報や今まで培ってきた人脈などを駆使して、積極的にパーティーに参加します。他にも、船上パーティーやホテルでのパーティーにも参加している可能性が高いです。

    交際クラブ

    自分の容姿に自信のある港区女子は、交際クラブでパパ活の相手を探すことも多いです。

    交際クラブは入会に厳しい条件があるので、経済的に豊かで社会的にもステータスのある男性が多く集まります。
    また、運営側が出会いをサポートしてくれるので、相手選びに失敗することもほとんどなく、利用している港区女子も多いです。

    パパ活サイトやアプリ

    港区女子は、パパ活サイトやアプリで男性を探すことも少なくありません。

    交際クラブに比べると利用頻度は少なくなりますが、相手とのやり取りもスムーズに行え、スキマ時間を利用してサクッとパパ活ができることもあり、忙しい港区女子にピッタリ。

    ゆれか
    港区エリアはお金持ちが多いので、パパ活アプリでマッチングできるチャンスもたくさんあります。

    下記の記事では、パパ活サイトやアプリをランキング形式で紹介しています。興味があればぜひ御覧ください。

    あわせて読みたい
    パパ活アプリ・サイト人気おすすめ比較評判ランキング2024年P活安全最新版 最近では、パパ活がテーマのドラマもあるくらい一般化してきて、既にパパ活経験があるという方も多いと思います。 ただ、理想のパパと出会えたという方は少ないのではな...

    ギャラ飲み

    参加するだけでギャラ(謝礼金)がもらえるギャラ飲みにも、港区女子はよく参加をします。

    ギャラ飲み専用アプリや港区女子同士のコネを利用し、ハイクラスな男性との飲み会に参加。そもそも報酬をもらうという目的もありますが、パパ候補の男性も見つけられればと密かに狙っています。

    港区女子とパパ活をする2つの注意点

    外見や容姿がいい港区女子は、簡単に近づくと男性にもリスクがあります。そこで、港区女子とパパ活をする2つの注意点をご紹介します。

    とにかくお金がかかる

    港区女子と付き合うと、とにかくお金がかかります。

    全てにおいてグレードが高くないと満足できない港区女子。連れて行ってくれるお店は高級店でないとNGというだけでなく、渡すプレゼントや乗っている車など、高級ではないと相手にされません。

    ゆれか
    出し惜しみすると、「この人は自分に見合わない」と早々に切られてしまうこともあるでしょう。

    常にハイスペックを求められる

    港区女子と付き合うと、常にハイスペックを求められます。

    向上心が高く、自分をハイスペックであると信じる港区女子は、付き合う相手にも同じレベルのスペックを求めます。スペックの低い男性と付き合っていることが周りに知られたら、自分の価値まで下がるとまで考えています。

    男性にとっては、常にキラキラしている女性と一緒にいることでモチベーションが上がり、さらに自分をアップデートできるという点はメリットです。

    港区女子は痛い?よくある勘違い行動

    港区女子の中には、将来のための地道な人脈作りなどをする人もいますが、中にはつい勘違いした行動を取りがちな人も。

    ゆれか
    そんな港区女子のよくある勘違い行動をご紹介します。

    自分まで偉くなったような気分に

    港区女子は、社会的にも地位のある人と接することが多く、広い人脈も持っています。

    同年代の女性経験できないような世界に触れていることもあり、あたかも自分まで偉くなったような勘違いをすることも。その結果、格下の人を見下すような発言をしたり、偉い人と同レベルであるかのような態度を取ったりします。

    そのような態度を見て、周りから「自分が稼いでいるわけでもないのに」「仕事もろくにできないくせに」と馬鹿にされてしまうことも多いです。

    ご飯は奢られて当たり前

    港区女子は、普段から奢られることに慣れているので、食事に出かけても自分から財布を出すようなことはありません。

    ハイスペックな男性と釣り合うよう自分磨きを続けている港区女子は、自分も男性と釣り合うようなスペックを持っていると自負しています。そのため、「奢られて当然」という考え方になるのでしょう。

    ゆれか
    自分からお金を出すという感覚がマヒしているだけでなく、実際お金を持っていてもケチな人が多いです。

    自分よりスペックの低い相手とは飲まない

    港区女子は、自分と関わる全ての人をスペックで測ろうとします。

    相手が男性であろうと女性であろうと、常に厳しいジャッジを行い、自分よりも格下の相手と決して飲みに行くようなことはありません。常に自分磨きを怠らず、向上心を持っている自分はスペックが高いと思っていることもあり、自分に見合うのはハイスペックな人のみと考えています。

    ゆれか
    自分よりスペックの低い相手からは、何も得られるものはないとまで考えているでしょう。

    味がわからないのに高級嗜好

    港区女子は、レストランへ行っても高額なメニューを頼みがちです。

    普段から高級店へ行くことの多い港区女子は、値段の高いものこそに価値があると思っています。高級食材を使用した料理、高級ワインやシャンパンなどを頼みたがるものの、決してその味を理解しているわけではありません。

    ゆれか
    「高いものを食べている」というのが港区女子のステータスになっているので、味は二の次というのが本当のところでしょう。

    港区女子に見られる「SNSあるある」

    港区女子は、インスタやTwitterなどのSNSに写真を上げるのが生きがいです。そんな港区女子に見られる「SNSあるある」をご紹介します。

    高級レストランの食事写真

    港区女子は、高級レストランの豪華な食事写真を上げるのが大好きです。

    投稿の中でも特に多いのが、フレンチやイタリアンなど。逆に、庶民的なお店やチェーン店の写真は絶対に上げません。高級レストランは料理自体が映えるので、被写体としても最高。多くの人からの注目を集めます。

    自分の普段の生活スタイルがどれだけうらやましがられるかを知っているので、毎日のように食事写真を投稿しています。

    ハイクラスなパーティー写真

    パーティーなどに参加することの多い港区女子は、そこで必ず写真を撮っています。

    タワーマンションやプール付きの貸し切りスペースなどで、パーティーの光景や夜景をバックに撮影しています。しかし、なぜか写っているのは若くて美人な女性ばかり。男性は避けて撮影することがほとんどです。

    海外旅行の写真

    ゴージャスな生活をしている自分が大好きな港区女子は、海外旅行の写真も頻繁に上げています。

    バリ島やモルディブなどといったリゾート地やヨーロッパなど、誰もが憧れるような場所で撮った写真を上げ、うらやましがられることに快感を覚えます。

    しかし、必ずしも最近の写真というわけではなく、中には昔行った旅行の写真を上げているだけという場合もあります。

    何かを匂わせている写真

    港区女子は、決して男の人と一緒の写真を載せません。しかし、「男の人の影」を匂わせるのはなぜか得意です。

    「いつもお世話になっている方に、お食事に連れて行ってもらいました!」という文章とともに自分の写真を載せ、「一体誰に撮ってもらったの?」というような謎の匂わせをしがちです。
    また、男物の時計やコートなどが写りこんでいることも。

    ゆれか
    とはいうものの、たとえ窓ガラス越しであったとしても絶対に男性を載せたりしないという徹底ぶりです。

    港区女子は男性からどう思われているのか?意外な本音

    自分自身の価値を高めるために外見磨きに余念のない港区女子ですが、実際のところ男性からはどのように思われているのでしょうか?そこで、男性の本音をご紹介します。

    男と遊びまくっているイメージ

    港区女子は、男と遊びまくっているイメージを持たれています。

    一見清楚系に見えるものの、パーティーや飲み会など毎日のように豪遊していることから、遊んでいるように思われているのでしょう。

    パパ活をする女性も多く、お金持ちで社会的地位のあるスペックの高い相手であれば、簡単に身体を許してしまう「尻軽女」には、男性は何の魅力も感じないようです。

    恋愛対象にはならない

    港区女子は、外見が綺麗な人が多いですが、恋愛対象とされないことが多いです。

    毎日のように高級レストランで食事をし、ブランド物ばかり身に着けている港区女子は、男性から見ると「お金がかかりそう」と敬遠されてしまいます。また、一緒にいて疲れてしまうという意見も。

    見た目が良いので身体だけの関係ならOKとする男性も多いですが、恋愛対象となると港区女子とは真逆の堅実で慎ましい女性が人気です。

    男の金でセレブを気取っているのが滑稽

    あたかもセレブのような生活を送っている港区女子ですが、結局そのお金の出所は男性です。

    自ら努力してお金を稼いだわけでもないのに、高級レストランやブランド品などあたかもセレブを気取っている姿が滑稽に映るよう。パパ活で稼いだとしても、結局それも男のお金であることに変わりはありません。

    その上、男の存在を感じさせないようにSNSに写真をアップしている姿には、嫌悪感さえ抱くこともあるようです。

    港区女子に必要不可欠!「港区おじさん」の特徴

    港区女子には、食事をご馳走したり、タクシー代を渡したりなど、港区女子を支えてくれる「港区おじさん」という存在がいます。

    ゆれか
    この港区おじさんは、普通ではありえないような特徴を持っています。

    港区おじさんの特徴その1:「着席前支払い」

    港区おじさんは、「着席前支払い」という行動をします。

    着席前支払いは、女性だけの飲み会に呼び出され、席に着く前にお会計を済ませること。そして、席につくやいなや、女の子たちはそのまま帰ってしまいます。

    つまり、港区おじさんはお会計のために呼ばれただけです。

    ゆれか
    あまりにも非常識な行動ですが、港区おじさんは呼ばれるだけで嬉しく思い、怒りもしません。

    港区おじさんの特徴その2:「タクシー代詐欺」

    港区女子は、飲み会の終盤になると港区おじさんにタクシー代をせがみます。

    「これから神奈川の実家に帰らなくちゃいけないんです」と言いながら、2~3万円ものタクシー代を要求します。しかし実際は、タクシーはワンメーターで降り、電車で都内の自宅に帰る、というのがタクシー詐欺の手口。

    ゆれか
    港区おじさんも内心この嘘に気付いているようですが、頼られるとつい嬉しくなりタクシー代を渡しているようです。

    厳しい港区女子の現実

    ゴージャスな暮らしをし、キラキラした毎日を過ごしているように思われる港区女子ですが、実際はそれほど明るいものではありません。

    ゆれか
    そこで、港区女子が直面している厳しい現実についてご紹介します。

    実際は港区に住んでいない

    「港区女子と言うくらいだから、港区に住んでいるのでは」と思う人も多いですが、実際のところ行動拠点が港区というだけであって、港区に住んでいない人がほとんどです。

    港区女子のほとんどは、高額な家賃を払うほど稼いでいません。そのため、港区どころか都内に住んでいないことも多く、郊外や埼玉、千葉などから電車を乗り継いで港区に集まる女性も少なくありません。

    実生活は火の車

    セレブできらびやかに見える港区女子ですが、実生活は火の車というケースも少なくありません。

    港区女子はハイスペックの男性に依存しているものの、必ずしも金回りがいいというわけではありません。また、プライドが高く、周りの女性に負けたくないという気持ちから自分を少しでも良く見せようとお金をつぎ込むので、生活費すら確保できないということも。

    ゆれか
    キラキラした生活を送っているようで、実生活は切り詰めて貧しい生活を送っている可能性もあります。

    寝る時間がほとんどない

    港区女子は、実は寝る間もないほど忙しいです。

    昼間は仕事をこなし、夜になると郊外から港区へ足を運びます。
    時には明け方近くまで飲むこともあり、帰宅してゆっくり寝る暇もありません。人によっては、水商売やパパ活でさらに身体を酷使することもあるでしょう。

    キラキラした印象が強い港区女子ですが、実は体力勝負。

    ゆれか
    疲労でお肌がボロボロなんてことも。

    ハイスペ男性からは遊びの女扱い

    港区女子は、毎日のようにハイスペックな男性からチヤホヤされるので、自分は男性を選ぶ立場だと勘違いしています。自分がそれだけの器だと思っているからです。

    しかし、ハイスペックな男性からは港区女子は本命扱いされることはありません。
    ハイスペックの男性は、金の浪費が激しく、外面だけを飾っている港区女子を自分のパートナーには選びません。

    結局、ハイスペックな男性にとって港区女子は遊ぶだけの存在にすぎません。

    ゆれか
    そして、それに気付いていないというのが、港区女子の悲しいところです。

    港区女子に待ち受ける末路とは?

    キラキラ輝いて見える港区女子ですが、それも若いうちだけのもの。引き際を間違えると、悲惨な末路を迎えることに。

    港女子に待ち受ける末路とは、一体どのようなものでしょうか?

    婚期を逃してしまう

    港区女子は、男性への理想が高いです。

    年齢とともに下がってくる自分のスペックは棚に上げて、ハイスペックな男性をいつまでも追い求めます。
    さらに、これまで男性のお金で豪遊をしてきたので、男性に対する理想も下げることができなくなっているのです。

    ゆれか
    30代を過ぎても「男性は1,000万円以上ないと結婚できない」と高い理想を掲げているので、アラフォーになるまで独身でいることも。

    生活水準を落とせず家計が苦しくなる

    セレブのような生活を楽しんでいた港区女子は、いきなり質素な生活へと簡単に切り替えることはできません。

    歳を取り、自分にお金をかけてくれる男性が周りにいなくなったとしても、高級な食事やブランド品の購入など浪費をやめることができなくなってしまいます。その結果、散財してしまい、家計はどんどん苦しくなっていきます。

    ゆれか
    中には借金にまで手を出す人や、風俗で働く人もいます。

    友達もいなくなって孤独になる

    港区女子は、自分の友達もステータスと思っています。そのため、普通の友達と一緒にいてもマウントを取るため嫌われることが多く、友人も港区女子というケースが多いでしょう。

    しかし、港区女子の友達は利害関係がなくなると簡単に切れてしまいます。中には、港区女子としての過去を消したいという人も多く、関係を長続きさせることは至難の業。

    ゆれか
    歳を重ね、パパもいなくなり、友達もいなくなる。気付けば独りぼっちということになりかねません。

    港区女子は悲しい末路にならないよう要注意!

    港区女子は、ハイスペックな男性にチヤホヤされ、キラキラとした生活を送っていることから、女性からも憧れの存在として見られることも多いです。

    その一方、実は裏側ではとてもシビアな現実に直面してします。男性からの評価も厳しく、引き際を間違えたら「気付いたらひとりぼっち」という悲しい末路が待っている可能性もあります。

    若い時にしか出せない魅力がありますが、年を重ねることで素敵に見えるスタイルもあります。

    ゆれか
    港区女子に憧れている人は、この現実をしっかりと受け止められる賢い港区女子になってください。
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    タップできるもくじ